2015年12月26日

床屋さんにいってきました。

このところ、左義長関係で初対面の人にお会いすることが多く、そして新年も近いので髪をスッキリさせて来ました。
この季節、毎年聴いている山下達郎さんがロングツアー中、25日のライブで喉に支障があり途中で中止になったそうです。長きに渡って今も活動されている神ミュージシャンは62才前後の人が多いです。
40年経っても色褪せない曲達、すごいな❗


posted by 大磯 芦川酒店 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

これからの左義長

私達がこの世に生を受けるずっとずっと昔、生まれたての赤ちゃんは、無事に大人に成長することを阻む過酷な自然や疫病などに囲まれた環境に放り出されました。この命を助け守ろうと、またきびしい生活にふりかかる厄をなんとか祓おうと手に入りやすい松や竹や藁を思いの丈ほど高く高く積み上げ燃やし、燃え上がる炎やむせかえる煙を見上げ祈り、胸に積もった鬱憤を少しでも晴らそうと自然発生と言ってもいいような左義長の成り立ちが想像されます。
今、金銭の寄付や労働力のボランティアを募り、頑張って左義長の行事を存続させようとしています。
9基のサイトが雄壮に燃え上がり冬の漆黒の海と空をそして空気さえも一変させる風景を絶やすことは想像し難いことです。
しかし、今、年中行事となり金銭面や人手の心配をし一連の行事の形式を成し遂げることが目標にさえなっている感もあります。昔、地域の人々が切なる思いを持って集っていた頃とは生活も自然への対し方もまったく違う現代人が、ずっとやって来たことだからという理由だけで同じことをし続けるのは難しいことです。自然消滅ということのほうが自然なことかもしれません。頑張ってなんとか継続している間は本当に地域に根づいた左義長とは言えないと思います。内容は変わっても現代人ならではの切なる思いや祈りを込めてサイトに向かう、頑張らないでもできる左義長にいつの日にかなるといいと思います。
posted by 大磯 芦川酒店 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

新しい仲間

藤沢から湘南遺産プロジェクトの方々がお見えになりました。
大磯の左義長はどんど焼きだけでなくいくつもの行事で成り立っていることに興味を持たれたようです。富山さん、古井さんと私でお話しをして1月11日に観光ボランティアの案内で回っていただくことになりました。他の地域の人達に左義長に関心を持っていただくことは存続のひとつの鍵ではないかと思いました。この方達をお客様でなく仲間としてお迎えしようと思いました。
posted by 大磯 芦川酒店 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。